建売住宅を買う前に知っておこう!豆知識を参考に失敗しない住まいを購入!

建売住宅を購入する場合には、さまざまなポイントをチェックすることで失敗を回避することができます。
失敗しがちな間取りや設備は、実際に使っているところを想像しながらチェックするように心がけます。
床下などの見えない部分もきちんと見ておくようにします。
問題があった場合に備えて、アフターサービスが充実しているかも買う前にきちんと注意します。
ポイントをしっかり押さえることで、自分にあった住宅を買うことにつながります。

建売住宅を買う前に知っておこう!豆知識を参考に失敗しない住まいを購入!

建売住宅は、すでに出来上がっている住宅を購入できるというのがメリットです。
出来上がっているものを買うため建売住宅は失敗が少ないと思われがちですが、さまざまな失敗したというケースがあります。
具体的には、日当たりの悪さや実際に使ってみると間取りや設備が使いにくい、収納が少ないなどがあげられます。
このような失敗を避けるためには、実際に生活していることを想像しながら間取りや設備や、床下など見えないところもチェックすることが大切です。
アフターサービスが充実しているか、なども注意した上で購入することが大切です。

施工会社から直接購入して建売住宅の仲介手数料を節約

建売住宅は施工会社から直接購入した方が安く入手できます。
通常は不動産屋を通すと仲介手数料がかかり、この額は宅地建物取引業法によって細かく決められています。
400万円を超える不動産取引の場合、物件価格に3%をかけたものに6万円を加えた額が上限となりますが、建売住宅は高額ですので計算してみるとかなり高い額になることが分かりますので、この部分がかからなければ大幅な節約になることは間違いありません。
例えば、3千万円の建売住宅を購入したら、100万円近い仲介手数料を支払うことになり、この費用が浮けばその分を新居の家具やインテリアの購入、引っ越しの費用にあてることができます。
トータルで動く額が大きいので小さな差に思えてしまうかもしれませんが、実際にはこのような大きな額になるため、やはり直接購入の方がお得です。
費用面以外にもメリットがあり、やり取りが非常にスムーズで手続きもスピーディーに完了するため、安心感があります。

建売住宅の購入時に必要となる諸費用

建て売り住宅を購入するときには、諸費用が必ずと言っていいほど必要な諸費用とは一体どのようなものでしょうか。
建売住宅の中で使用と言えるものはいくつかありますが、代表的なものの1つは火災保険になります。
火災保険は、基本的に絶対に加入しなくても良いわけですが8割以上の家庭では加入していると言われています。
もし火災に遭遇した場合自分自身が注意していてもそれに巻き込まれてしまう恐れもあります。
そのように考えれば、いくら建売住宅の家主が自分が気をつけるから問題ないと言っていてもどうにもならないといえます。
ちなみに、他の人に話を聞いて加入するかどうかを判断しても良いかもしれません。
次に、仲介手数料と呼ばれるものが存在しています。
仲介手数料は、住宅を手に入れる時不動産会社に支払う手数料のようなものです。
不動産会社としては、物件を紹介していますのでその分の手数料を貰います。
物件を紹介したことに加えて、建物の手続き等も済ませてくれます。

引き渡しまでの期間が短い建売住宅は生活設計がしやすい

注文住宅にすると、購入を決めて動き始めてから実際に引き渡されるまでの日数がとても長くなるため、購入時の状況とは少し違ってしまうこともあります。
その点、建売住宅なら引渡しまでの期間がとても短いので、その後の生活設計はしやすくなります。
現在の暮らしぶりを思い出しながらどのように家を使っていくのが良いのかを容易に想像でき、その建売住宅を見ただけで大体の暮らし方が分かるのが大きなメリットです。
購入を決めてから引っ越しをするまえの間に状況が大きく変わるようなことはほとんどなく、同じような状況で新たな生活をスタートさせることができます。
これがメリットではありますが、暮らしていくうちにだんだんと家族の生活スタイルや家族構成等が変わっていきますので、それぞれが暮らしやすいように家に手を加えていかなければなりません。
簡単に変更ができる間取りになっている建売住宅は、その後に状況が変わっても適応しやすいので重宝します。

快適な生活の実現は建売住宅を選ぶキーワード

快適な生活を送れる空間が欲しいと考えている方は、この観点から建売住宅を選ぶことが必要です。
もっとも、大半の方は建売であればなんでも良いとは思っていないでしょう。
したがって、これは購入を考えているすべての方が検討すべき事柄です。
快適性の第一は、毎日を過ごす家の間取りです。
間取りは、普段の動きやライフスタイルに合わせて選択すると良いでしょう。
そして、周りの環境も重要になります。
例えば、駅から近いと通勤通学に便利ですし、コンビニやスーパーなどが近くにあれば買い物が楽です。
病院があれば病気の時に遠出することなく通院できるなど、周辺環境はとても大切です。
こうした事情を総合して建売を選べば、何十年でもずっと良いと感じる環境で過ごすことができます。
すでに完成している建売なので、間取りや立地などは直接見て検討できます。
妥協すると後悔するので、面倒に思わず細かな部分もチェックしたうえで購入を決めてください。